歯の生え方が原因で起こるガミースマイル|歯科の矯正治療で治そう

痛みの負担が少ない治療

女性

田町にある歯科では、患者に負担を掛けない虫歯治療を行なっています。多くの人は虫歯治療と聞けば、虫歯のある痛い歯をドリルによって削られる治療を思い浮かべるでしょう。しかし、田町の歯科は患者さんの痛みを和らげるためにさまざまな方法での施術を行なうのです。痛みのない虫歯治療の方法として行なわれているのが、レーザーを使った治療方法です。通常の虫歯治療は、歯を削ることにより内部で侵食している虫歯菌を殺菌します。しかし、レーザーを使った治療法であれば、ドリルを用いずとも歯の内部の虫歯菌を殺菌することができるのです。ドリルによる振動がないので、通常の虫歯治療に比べると痛みに負担が少ないものとなります。また、レーザー照射により虫歯菌に侵食された部位の高温で蒸発させられるので、出血などの問題も抑えることができるでしょう。

虫歯治療の痛みを抑えるために、田町の歯科では麻酔注射の方法もこだわっています。麻酔注射は歯肉へ直接注射針を刺して行なうため、治療中の痛みは緩和できても注射自体の痛みは避けられません。田町の歯科では、麻酔注射を行なう前に皮膚吸収ができる麻酔剤を患部に塗布します。そのことにより、注射針の痛みを抑えることができるので、最初から最後まで痛みを感じずに治療を終えることができるでしょう。また、注入する麻酔剤も人の体温に合わせて温めることも行ないます。通常注入される麻酔剤は気温と同じ温度であるため、注入されると麻酔剤の冷たさによって痛みがより伝わりやすくなります。麻酔剤を温めることでこうした問題を防ぐことができるので、子どもでも安心して治療を受けられるでしょう。