歯の生え方が原因で起こるガミースマイル|歯科の矯正治療で治そう

親知らずの治療

歯科

口腔内に現れる症状として挙げられるのが、親知らずが生えることです。この親知らずとは、永久歯の中で最後に生える奥歯の歯です。通常であれば生えることで体に負担が与えられることはないものの、顎が小さい人の場合、既に生えている歯の影響によって歪んで生えてしまい、歯ぐきの腫れや痛みなどが発生してしまうのです。現代人は食べ物が柔らかいものばかりなので、昔に比べて顎が小さい人が多く、この親知らずが生えてしまう人が増えています。親知らずが生えても痛みが生じない人もいますが、歪んで生えてしまうことや、歯磨きがしづらい場所に生えてしまうことで、虫歯になるリスクが高いのが問題となります。親知らずの虫歯による痛みがもたらされるほか、ほかの健康な歯に虫歯が感染する恐れもあるので、親知らずが生えた場合は三田市の歯科などで早めに抜歯する必要があるでしょう。

三田市の歯科では、レントゲンなどで事前に親知らずの生えている様子を調べ、適切な治療を行ないます。親知らずが生えた場合全て抜かなければならないというわけではありません。きちんと上下に親知らずが正常に生えている場合や、顎の骨の中に完全に埋まってしまっている親知らずであれば、生えたとしても体に悪影響は与えられないので、三田市の歯科はあえて抜くことはしないのです。しかし、上下に生えておらずかみ合わせが悪い親知らずや、斜めに生えてしまった親知らずは、痛みや虫歯をもたらす原因となるため、三田市の歯科では抜歯を行なうことを勧めています。現在痛みなどの影響が出ていなくても、体の抵抗力が落ちた時に痛みや腫れが現れることあがるので、このような親知らずが見つかった場合は、早めに治療を行ないましょう。